HUENS(ヒューエンス)ロゴマーク

Human Engineering & Systems

Instagram rss
  1. HOME
  2. トピックス
  3. 今週のヒューエンス

伝え合う

 雪は多くないものの、キンと冷えた朝がやってくるようになりました。朝目覚めた瞬間に外は冷えているんだなと感じられる日もあれば、車のエンジンのかかり具合で気づく日もあり、川霧が発生しているのを見るまで気づかない月曜日のような例もあります。
 年末のあわただしさの中で、小さな発見がありました。10月頃に花をいただく機会があり、先に花が散ってしまった後も、一緒に添えられていた緑だけが2本、葉を落とすことも枯れることもなく活けられていました。2ヶ月ほど経って、一本の細い茎から白い根が生え始め、その先がまだ根を出していないもう一方へ、吸い寄せられるようにみるみると伸長していきました。その根がちょうど茎の先へ届いた頃、呼応するようにもう一本からも白い根が出始めました。なんだか、一方は仲間を求めているかのようで、一方は仲間に目覚めさせられたかのような根の生え方です。動くことができない植物も、根のネットワークや葉などで生成した物質を通して仲間同士で情報のやり取りをしているらしいという近ごろの研究を、思い出しながら面白いと眺めてしまいました。
 よくよく考えてみれば、自由に動くことができない者ほど外から得られる情報の重要性は大きいはずです。私たちが彼らの話し声を聞くことができないだけであって、植物たちにとっては、周囲から情報を得たり発信したりする仕組みを備えて、仲間同士で助け合っていることは当然のことなのかもしれません。我が家の根っこたちが、これからどんな風に伸びていくのか、土に植え替えるまでの間、楽しみに見守ろうと思います。
 2023年も残りわずかとなりました。応援してくださる声が届くたびに、ありがたいとしみじみかみしめた一年だったように思います。新しい年も、皆様にとって明るく健やかなものとなりますよう、心よりお祈り申し上げます。
カテゴリ
今週のヒューエンス
タグ
十勝の景色
更新日
閲覧数
300
↑ページ先頭へ